好きなアーティストのライブに行きたい!コンサートに行きたい!と思ったことはありませんか?
私はよくあります!
だって好きなアーティストなら、やっぱり生のパフォーマンスをみたい!!

今回は、ライブ・コンサートに行くために必要なものや準備するものを厳選してご紹介します!


チケットを手に入れる

まず、必要なのはチケットを手に入れること。
基本的にはチケットは購入することが多いと思います。(出演者の関係者とかではない限り)

チケットを購入できる場所として考えられるのは大きくわけて3つあります。

※転売屋やオークションといった不正なルートでチケットを購入するのはダメ!絶対!!

1.アーティストの公式ホームページ

私が思うには、一番確実な方法でおすすめです。
アーティストの公式ホームページには、ライブ・コンサート情報が記載されます。そこにチケットを購入するリンクが貼られていたり、購入方法が記載されていることがほとんどです。

最近では、ライブ・コンサート情報をSNSで発信するアーティストも増えてきているので、あわせてチェックするといいかもしれません。

2.チケット販売サイト

チケットを購入するのは大手チケット販売サイトが安心です。
また、A社の販売サイトでは売り切れていたけど、B社にはまだあった!ということもあるので、ひとつの販売サイトで手に入らなかったとしても、諦めないで!
私の場合は、チケットを販売しているサイトを片っ端から調べて(座席指定の場合は席も調べる)自分の希望に近いところで購入しています。希望に近い環境でみれるに越したことはないからですね!

3.ライブ・コンサートの会場

意外と見落としがちなんですけど、会場でチケットを確保していて販売している場合があるんですよ!もちろん会場によっては、直接販売はしていないところもあり、チケット販売会社に誘導されることもあります。

特に、座席指定のコンサートの場合は、会場での取り扱いも含めて調べることをおすすめします。私は過去に何度か会場での直接購入で、比較的自分の希望している近辺の席を手に入れることができました!

なお、会場での直接販売の場合は、会場で支払いをすることがほとんど。そのため、会場が遠方の場合は、支払い方法も含めてきちんと確認をしてくださいね。

交通手段や会場について調べる

チケットを購入したら、交通手段や会場について調べましょう。

 ・会場までの交通手段(電車、バスなど)
 ・終演後の帰宅ルート(終電は間に合うのか、など)
 ・会場内や周辺のコインロッカー
 ・遠方の場合は宿泊施設も

会場のホームページをみれば、アクセスについては簡単に確認することができます。
自分にとっての最適な交通ルートを確認しておきましょう!
遠方の場合は、宿泊施設の予約も忘れずに!

おおよその終演時間も確認することをおすすめします。
会場によっては、帰りの交通手段が限られてくる場合もありますので…!
私は終電を逃して、近くのネカフェで一夜を過ごしたことが何回かあります。

そして、会場内や周辺のコインロッカーはぜひ調べておくことをすすめします!
ライブ・コンサートでは、グッズを購入したりして何かと荷物が多くなります。また、スタンディングなどの立ち見の場合は、荷物を最低限にした方が楽しめるので(詳しくは当日の流れで説明します)荷物を預けることができるコインロッカーの場所は早めに確認をしていた方がいいですよ!

楽しむための予習と準備

当日のライブ・コンサートをより楽しむことができるための準備についてご紹介します!

楽曲を聴いて予習する

自分の好きな曲だけでなく、人気の曲やアルバムなどを聴いておくと、当日のライブ・コンサートをより楽しむことができます。特に新曲や新アルバムにちなんだツアーの場合は、新曲を演奏することが多いので、聴いておくといいですね。

また、アーティストによっては、ライブ・コンサートで演奏をする定番曲を持っていることもあります。最後に演奏する定番曲や、コールレスポンスを毎回する定番曲など様々。こういった定番曲は過去のライブ・コンサートのセットリスト(演奏する曲順表)を確認したり、映像を確認しておくと、当日の定番曲をより楽しむことができますよ!

準備しておくもの

会場やライブ・コンサートによって異なってはきますが、だいたいはこのようなものを準備しておきます。

 ☑チケット
 ☑お金(交通費やグッズ代、飲食代など)
 ☑身分証明証
 ☑タオル、うちわなどのアピールグッズ

チケットやお金は、まあ絶対必要ですよね!
身分証明証は、最近特に必要となってきています。セキュリティ対策であったり、チケットのタイプが専用アプリやサイトからのIDチケットの場合は、必要になってくることがほとんどですね。身分証明証の必要性については、ライブ・コンサート毎に異なってくるので、確認しておきましょう!

アピールグッズは、なくてもいいですが、あると当日をより楽しむことができます!
バンドのライブのときにはタオル、アイドルのコンサートのときには装飾をしたうちわなど。
ただ、あまり凝った物や、装飾が他の方へ危険と思われるものは、会場内に持ち込みができなくなる場合もあるのでお気を付けください。

服装について

スタンディングなのか指定席なのか。自分がどのように楽しみたいのかによっても変わってきます。

スタンディングで動いて楽しみたい場合

アーティストTシャツにチノパンスタイルが動きやすくておすすめです。他によく見かけるのは、ショートパンツやハーフパンツにレギンスをあわせているスタイルも多いですね。
ジーンズは汗をかくと重くて動きづらくなるのであまりおすすめしません。
あとは女性はヒールは避けましょう。他の方を踏んで怪我させてしまう恐れがあるので危険です!

指定席の場合、スタンディングでも比較的静かに楽しみたい場合

この場合は基本的に好きな服装でいいと思います。ただ、激しめのバンドの場合は会場内が暑くなることが多いので薄着の方がいいですよ。あとは他の方に迷惑をかけない服装であればいいかと思います。
自分が楽しむことはもちろんですが、周りのことも考えられるといいですね。

共通事項と終演後

共通していえることは、周りに迷惑をかけない、怪我させたりしないような服装を心がけるといいと思います。
また、注意した方がいいのは、終演後の服装です。
会場内は熱気があって暑いことが多いかと思いますが、終演後の外、さらに汗をかいていた場合の寒さはほんとにやばいです!夏は電車やバスがクーラーで冷えていることがほとんどなので、夏も注意です!
着替え(上だけでも)や羽織物・上着を用意することを強くおすすめします!

当日の流れ

当日は早めに会場へ着くことをおすすめします!
私の場合は、最低でも開場時間の2時間前には着くようにしています。理由は2つ。荷物を預けるコインロッカーの確保とグッズを購入するためです!

★スタンディングの場合の流れ★
会場到着→グッズを購入→コインロッカーに荷物を預ける→会場入り

★指定席の場合の流れ★
会場到着→グッズを購入→荷物を持って会場入り

ポイントは、スタンディングの場合と指定席の場合とでの荷物の扱い方です。スタンディングの場合は、軽装で会場に入る必要があるため荷物を預ける必要があります。人が密集するので、貴重品以外はコインロッカーに荷物を預けましょう。

指定席の場合は、席に荷物を置くことができます。大荷物にならない限り、荷物を預ける必要がないので、比較的に時間に余裕があります。

また、コインロッカーがない会場やコインロッカーが少ない会場では、クロークを用意していることがほとんどです。クロークとは、簡単にいうと、荷物を袋などに入れてスタッフに預けて、番号札で管理してくれるシステムです。

このクロークなんですが、大きい会場でのライブ・コンサートだと、利用する人数が多いから並ぶことが多いんですよ。

私の残念な体験をお話しすると、人気アーティストのスタンディングライブで整理番号が30番台だったことがありまして。やったー!最前列狙えるー!と楽しみにしてたんです。

当日会場に着いたのが開場の約2時間前。もちろんまずはグッズを買うため、グッズ売り場に並びます。グッズを購入できたのが1時間後。
そして荷物を預けるために、コインロッカーをみると全部埋まっていたため、クロークに並ぶことに。そうです。このクロークに荷物を預けるまで結局、1時間半かかったため、開場時間に間に合わず、前列で演奏を楽しむことは叶いませんでした…。

ようするに何がいいたいのかといいますと、会場には早めに着くようにしましょう!ということです。

まとめ

今回は、ライブ・コンサートに行くために必要なものや準備・当日の流れなどを紹介しました!

・チケットを手に入れる
・交通手段や会場について調べる
・楽しむための予習と準備
・当日の流れ

このブログをご覧になっている方の中には、はじめてライブ・コンサートに行く方もいるかもしれません。
緊張しますよね!でも楽しみですね!

たくさんいろいろ書いてますが、楽しんでくるのが一番です。ぜひ楽しんできてください!!

今は新型コロナウイルスの影響で、イベント事は自粛が続いています。早くコロナウイルスが終息して、たくさんライブ・コンサートに足を運べる日常に戻ることを願っています。