A5BF7F4B-37D2-48EE-B489-3651B20B87E3

こんにちは!さわです。
婚活して結婚ができた私の経験をお話ししたいと思います。
part.1はこちらから。

今回は合コンでの婚活についてです。

合コンでの婚活で意識したこと

もちろん私は、婚活として合コンに参加していたので、結婚相手となる人を探していました。
でも、まずは友人として仲良くできる人を見つけようと思っていたので、なるべくたくさんの男性と話すことを意識するようにしていました!

実はよく見ていたポイント

ずばり!食べ方と好き嫌いです。
合コンでは基本的に居酒屋などの飲食店で行うことがほとんどですよね。
そうなると必然的に食べたりする機会が多いので、食べ方や好き嫌いは見てしまいますね!

食べ方が汚い人は、なんか清潔感を感じないのと、見ていて不快になっちゃうんですよね。
好き嫌いは、前回の記事でお伝えした、結婚相手として外せない条件にも関わってくるのですが、嫌いなものが多ければ、それだけ食の好みが合わなくなってくると思うんですよね。そして、一緒に食べられるものが少なくなってしまう。

なのでこの2つのポイントは、よく観察していました!

合コンでの服装

正直すごく悩みました…!だってよく見られたい!
でも最終的には、定番⁈のオフィスカジュアル系統の服にしました。

パンツスタイルかスカートにするかも悩んだんですが、私はパンツスタイルでいつも参加していました。理由は、仕事終わりでの参加が多かったのと、できるだけリラックスして過ごしたかったからです。

私の場合は、普段あまりスカートを履かないので、スカートで過ごす日はちょっと疲れてしまうんですよね。なのでパンツスタイル一択でした。

実際の合コンでは

それでは、実際の合コン現場をお伝えします。
私は婚活をはじめるまで、合コンに参加したことがありませんでした。
なので、合コンをしたことのある友人に幹事をお願いし、何度かセッティングしてもらいました!

私が参加したのは、主に3対3、もしくは4対4の少人数での合コンでした!

 ・会場に集合する
 ・集まったらスタート
 ・自己紹介
 ・歓談タイム
 ・二次会へ
 ・連絡先を交換して解散

大体の流れはこんな感じでした。
自己紹介では、簡単に自分の趣味や今の仕事内容などを話すことが多かったです。
基本的には二次会まで行くことがほとんどでした。二次会ではもう少し趣味の話や今までの恋愛の話など、もう少し掘り下げた話をすることができたと思います。

私が合コンに参加して思ったことは、自分のコミュ力のなさです…!
そもそも合コンって、幹事以外は自分と共通点のない、はじめましての人の集まりなんですよね。
通常の食事会の場合は、気心しれた友人だったり、職場や趣味といった自分となんらかの共通点がある人ばかりなんです。

なので合コンで感じたのは、学生時代の登校初日や職場での初出勤日のあの感じ。はじめまして~よろしくお願いします~て、ドキドキしながら相手を探っていく、あの感じです。
初対面からの数時間で、結婚相手を見極めるなんてほんと難しいと思いました。友人となるのもなかなか難しいですよ……

コミュ力が欲しいと切実に思いました。

まとめ

婚活の第一歩!として参加した合コンですが、厳しい現実がそこにはありました。

 ・合コンは食事会の延長線上のもの
 ・コミュ力がないと難しい
 ・たくさんの人とは出会えない

私が参加したのが、少人数での合コンばかりだったというのもありますが、たくさんの人と出会うのは正直難しいと思います。
そして、せっかく合コンで出会ったとしても、コミュ力がなければ恋愛まで発展する材料さえ見つけることができないのだと学びました。
もちろん合コンでも、それ以上に何か惹かれるものがあれば恋愛まで発展する可能性はあると思います。

私の婚活としての合コンは成果がありませんでしたが、合コンに行ってみたことで、自己啓発のきっかけになったし、普段は関わることがないような仕事をしている人と出会えたりして、とてもいい刺激になりました!

次回は、その後の私の婚活についてお話ししたいと思います。
part.3はこちらからどうぞ!