68CF4D7C-E894-44CC-88BC-144474B6EF6B

こんにちは!さわです。
涼しかったり、暑かったりと気温差がある気候ですね。
もうすぐ夏がやってくる…!!

さて!前回は婚活アプリでの出会いについてお話ししました。前回はこちらから。
今回は、実際に婚活アプリでの旦那さんとの出会いについてお話ししたいと思います。

婚活アプリでの検索内容を変えてみた

婚活アプリの検索を含め、婚活アプリの利用に少し慣れ始めた頃。
なかなかピンと来る男性が見つからず、今までと違う方法で検索をすることにしました。
それは、出身地と居住地です。
これまでは、出身地・居住地を日本国内にし都道府県を設定して検索をしていたのですが、それを海外まで広げてみることにしたんです

元々、海外アーティストの音楽もよく聴いていて、外国人に対しての興味があり、いつかは英語を話せるようになりたいなと漠然と思っていました。
もしかしたら、外国人の友人ができるかもしれない…!!!
と興味半分で、海外まで出身地と居住地を広げて検索をすると、たくさんの外国人男性がヒットしたのです。
さらに、私が好きなアーティストをフォローしている男性を探すと、ある男性が出てきました。
それが旦那さんでした。

婚活アプリを通してのやりとり

旦那さんの第一印象

旦那さんの第一印象は、知的で優しそう
写真と自己アピール文からの印象だけでしたが、私は知的な男性がタイプなので、素敵だなと思いました。
私からいいね!を送り、相手からもいいね!が返ってきてマッチング成立。
メッセージのやりとりが始まりました。

英語でのメッセージのやりとり

彼の自己アピール文は英語で書かれていたので、メッセージのやりとりも英語でするんだろうなと思ってました。
しかし、最初のメッセージで
「日本語の文章を書くのはまだ難しいから英語でメッセージを送るけど、日本語を読むことはできるよ!」とメッセージが来ました。
なので、彼からは英語でメッセージが来て、私からは日本語でメッセージを送る方法へと自然となったのです。

当時の私の英語力はひどく、会話も片言しか話すことができませんでした。
なので、メッセージもわからない単語がたくさん出てきて、翻訳アプリを使って翻訳することが最初はほとんどでした。

日課となったメッセージ

メッセージをやりとりしてみると、私からの質問には丁寧に答えてくれ、話も興味深いものばかり。
それにお互いの国の文化や、好きなところや嫌いなところなどをプレゼンテーションしたり、おすすめの観光スポットや食べ物を紹介したりと、会話がつきませんでした。
そして、一回の文章がだんだん長くなっていきました(笑)

私は、どちらかというと、メッセージのやりとりなどはめんどくさいタイプ。
連絡もまめではありません。
でも、なぜだか彼とのやりとりは苦にならず、毎日続けることができました。
本当に毎日!

また、彼が仕事が忙しいときには
「今日は仕事が忙しくて返事ができそうにないから、明日改めて返事をするね」
「あまり時間がとれなくて今回のメッセージは短くなってごめん」
といった真面目で優しいメッセージをくれていました。
今思っても、彼の気遣いができる人柄が私を惹きつけていたんだなと実感します

半年後に日本へやって来る!

日本へ興味があるといっていた彼は、メッセージをやりとりし始めた頃に、半年後に日本へ旅行をする予定だと教えてくれました。
なので、私は日本の観光スポットや私の住んでいる九州の見所をたくさんたくさん紹介しました。

メッセージのやりとりをしているうちに、私は彼がせっかく日本に来るなら会いたいな~と思うようになりました。
すると、ある日彼から
「あなたが嫌でなければ、日本へ旅行するときに会いませんか」
とメッセージが来たのです。
嬉しいと同時に、会ったときに話ができるように英語力をつけないと…!と思いました。

まとめ

婚活アプリを通して旦那さんと出会い毎日メッセージのやりとりをする仲になりました。
そして、半年後の日本旅行でやってくるときに会うことに!!
でも、私の今の英語力では楽しく会話できないと思い、英語の勉強を本格的に始めようと決意しました。

次回は、私の英語勉強法についてお話ししたいと思います。